amnesia_scan

Ribbon

pdb93_2ibp-rasmol

There are 2 types of day traders: institutional and retail. Both institutional and retail day traders are described as speculators, as opposed to investors.
Institutional day traders work for financial institutions and have certain advantages over retail traders due to their access to more resources, tools, equipment, large amounts of capital and leverage, large availability of fresh fund inflows to trade continuously on the markets

black_metal_logo_2_by_zumppa-d4sitno

In the past, most day traders were institutional traders due to the advantages they had over retail traders. However, since the technology boom in the second half of the 1990s, advances in personal computing and communications technology, realized in the accessibility of powerful personal computers and the Internet, have brought fast online trading and powerful market analytical tools to the mainstream. Low, affordable commissions from discount brokers as well as regulation improvements in favor of retail traders have also helped level the trading playing field, making success as a retail trader a possibility for many and a reality for some.

enzyme

There are 2 types of day traders: institutional and retail. Both institutional and retail day traders are described as speculators, as opposed to investors.
Institutional day traders work for financial institutions and have certain advantages over retail traders due to their access to more resources, tools, equipment, large amounts of capital and leverage, large availability of fresh fund inflows to trade continuously on the markets, dedicated and direct lines to data centers and exchanges, expensive and high-end trading and analytical software, support teams to help and more. These advantages give them certain edges over retail day traders.[1]
Retail day traders work for themselves, or in partnership with a few other traders. Retail traders generally trade with their own capital, though they may also trade with other people’s money. Laws may restrict the amount of other people’s money a retail trader can manage. In the United States, day traders may not advertise as advisors or financial managers. Although not required, nearly all retail day traders use direct access brokers as they offer the fastest order entry to the exchanges, as well as superior software trading platforms.

Auto traders auto-trade, which stands for automated trading and the use of computer programs and other tools to enter trading orders. Because this all happens with the help of the computer algorithm it is also called algorithmic trading.[2]

1

建物局部風圧の予測とその制御システムの開発
8:11 am October 24, 2014

建物局部風圧の予測とその制御システムの開発

清水建設技術研究所では大型風洞実験で実施された実験結果を「京」コンピュータ」というスーパーコンピュータを使った超大規模数値流体シミュレーションにより再現することで、建物の壁面に作用する局部的なピーク風圧値を詳細に予測できる新しい手法の研究開発に取り組んでいます。

“今回の研究の特徴は、全長100メートルの巨大な風洞実験を「京」コンピュータを用いて、超大規模数値流体シミュレーションを行って再現し、今まで予測できなかった建物の風圧値を正確に解析できるようになり、建物周辺の流れの様子と周辺の環境など従来見えなかったところが見えるようになったことです。”

建物には、構造的な安全性と、安心して快適に使えることが求められます。建物周辺の流れの様子が詳細に可視化されることにより、より高いレベルでの建物の最適化設計ができるようになるだけでなく、流れを積極的に活用することで、省エネにつながる都市環境を作り出す事もできるようになります。

“今までの建物の考え方は基本的に安全かつ安心して人が住めるということでしたが、最近は省エネルギーなどのことも考えるので、建物の外側に、例えば色々な断熱性のガラスを設置し、太陽光のエネルギーを利用して、建物の最適化をはかることなど色々考えられています。建物の外側の表面は必ず詳細な設計が必要となっていますので、私達の研究では外側の外壁の風圧値などを正確に予測し詳細な設計ができるような手法に今取り組んでおります。”

清水建設では「京」コンピュータを使うことで風洞実験と同等の高精度のシミ
ュレーションの成果を生かし、建物や窓ガラスなどの外装材をより詳細に設計することで、台風や竜巻、突風などによる建物への被害を軽減できるよう,建物の耐風安全性設計の実現を目指しています。

スーパーコンピューターを活用した自動車の空気力学シミュレーション
7:02 am October 24, 2014

スーパーコンピューターを活用した自動車の空気力学シミュレーション

北海道大学大学院と理研計算科学研究機構 では、自動車のまわりの空気の流れをシミュレーションする空力シミュレーションの研究をしています。自動車が走行する際に自動車に作用する空気の力を調べることは,燃費や走行安定性・安全性の向上に不可欠で、中でも一番重要な空気抵抗をスーパーコンピュータ「京」を使うことで、風洞実験に匹敵する高い精度でシミュレーションすることが可能となりました。

“今まではシミュレーションというのは、風洞の代わりという事だったんですが、なかなか風洞の性能はでてこない。という事で、最後は必ず風洞で実験するけれども前段階でシミュレーションしていた。それに対して風洞実験をそのままシミュレーションに置き換えるようなそういうシミュレーションが「京」でできるようになります。これができるようになると設計の非常に最初の方の段階で、まだ設計図しかない段階で、これから作る車の空気的な性能がわかるようになります。”

これまで自動車産業界で行なわれてきた流体シミュレーションでは、自動車のまわりにおよそ数千万から1億要素の微細なセルを作ります。これに対し「京」を用いたシミュレーションではその数およそ数十億から200億。従来に比べて、数十倍以上の高解像度を実現しています。 さらに自動車シミュレーションをする際にはセルを用いた計算モデルの作成時間が大きな課題で,数十億から数百億のセルの作成は事実上不可能でしたが、「京」を使った超大規模解析では,既存の手法に対してセルの作り方と形を工夫することで,数千万から1億要素のセルから自動的に作成することが可能となりました。
こうした新たな解析方法により、これまでシミュレーションの結果が風洞実験に対して5%程度の誤差を持っていたのが、「京」を使う事によって2%ほどの精度で空気抵抗を予測できるようになりました。 こういった高精度な空気抵抗の予測は,更に燃費の良い車を開発するための大きな助けとなります.

“風洞実験というのはあくまで車を止めて一様な風を当てて力を測りますが、実際の車というのは外走っている時は突風も吹いて来ますし、ドライバーが運転します。そういう時にかかってくる力は風洞の中ではわからなかったんです。それが「京」を使うとわかるようになる。いわゆる風洞ではできない実験というのが新しい実験、つまりコンピュータを使った実験というのが「京」で可能になります。”

空力シミュレーションの研究の一部は国内の自動車会社と関連会社13社、そして4つの研究機関が集まったコンソーシアムで進められています。今後は、国内産業のニーズを参考にした上で研究を進め、技術の自動車産業界への移転を目指しています。

“例えば衝突とかエンジン、他にも色々なシミュレーションがあります。それぞれの自動車を作る設計のプロセスの中で色々なシミュレーションがされているんですが、それを全部統合して、ひとつのシミュレーションの体系にする。これが次と言うか僕の将来的な夢ですが、そういうことができるようになると本当に良い車というのができるようになると思います。自動車というのは基本的に設計開発はセクション主義でやりますが、空力は空力、衝突は衝突でやりますが、シミュレーションという言葉をひとつにして、それぞれのプロセスを融合していける。そういう可能性があると思っています。”

防災・減災へ向けての予測研究
6:23 am October 24, 2014

防災・減災へ向けての予測研究

金田義行氏が研究開発課題責任者をつとめる、HPCI戦略プログラム分野3「防災・減災に資する地球変動予測」地震・津波の予測精度高度化に関する研究は、「地震課題」、「津波課題」、そして「地震や津波が都市に与える被害を評価する都市の課題」という3つのテーマに関する研究を「京」コンピュータを中心とするスーパーコンピュータを使い、高精細・高精度な統合シミュレータの構築を目指し、地域の防災・減災対策に役立つような研究を続けています。

“我々は、2011年の東日本大震災で甚大な津波の被害を目の当たりにしたわけですが、これから我々が迎えるであろう、南海トラフ巨大地震あるいは首都直下地震、これはいずれにしても大きな被害が想定されているわけです。地震や津波のいわゆる広域複合災害という事を考えた時に、日本列島あるいは西南日本、あるいは首都直下のいわゆる首都圏を非常に精緻に色々なシミュレーションができる。これは非常に素晴らしい事です。この「京」のようなコンピュータを使うことで、より複雑なそしてより多くのパラメータを使う事で、いわゆる我々が今まで見えなかった現象もある程度見えてくる。そんな事が研究面としては期待できると考えています。”

東日本大震災後の調査によって得られたデータに基づいて、津波モデルと町モデルを「京」コンピュータ上に作り上げ、津波モデルでどの程度の被害があるか、そしてそれを実際の被害と比較する事で、シミュレーションの精度あるいは信頼性がどこまで正しいかという事を検証しています。現在、シミュレーションでは5メートルのメッシュを使う事が可能です。

“実際に今の「京」コンピュータも含めて、次世代の大型計算機を使った場合に、リアルタイムでどこまで色々な評価ができるかという研究も進めています。勿論これは計算機だけが速いだけでは十分ではありません。つまり色々な観測データをできるだけ即時にとらえて、それをシミュレーションに使えるということです。そのためには特に地震や津波、津波に関して言えば沖合の色んなデータをきちんと取る事が重要です。そのためには観測網を整備するという事、そしてそのデータを即時に使えるというその仕組みがあります。”

このプロジェクトでは、得られたデータをデータベース化することで市町村レベルでの色々な細かいシミュレーションを可能にし、西南日本、あるいは首都直下のような地震や津波がどこで起きても、安全で比較的被害が少ない場所からデータベースへのアクセスを行えるようにし、活用する事で、リアルタイムもしくはセミリアルタイムに被害規模を想定し評価できることを目指しています。

3つの視点から導きだされるITの発展を目指す
8:56 am October 23, 2014

3つの視点から導きだされるITの発展を目指す

慶應義塾大学理工学部情報工学科 遠山研究室では、ITを支えるデータベースの技術をシンンプルで効率よく運用できるように3つの視点からアプローチをしています。
拡張、結合、応用、この3つの視点から新しいシステムを構築、実装を目指して研究しています。

“まず最初にSQLの拡張ということで、まさにその名の通りですけれどもスーパーSQLと言う言語を開発しています。SQLというのはデータベースから情報を取り出す、そしてそれを合成するというような働きを持っていますけれども、取り出した情報を例えばウェブで使うためには、更にそこでプログラムを書いてウェブに変換するという事をしなければなりません。スーパーSQLはデータベースからデータを取り出すだけではなくて、それを最終的な利用できる形に加工するまでの事を一つの言語の中で行う、そういう目的の言語です。”

遠山研究室で開発が進められているスーパーSQLは研究室でも歴史が古く、多くの学生が研究に携わってきました。近年では、実用化が進み、このスーパーSQLで構築する事によって既存のHTML+より少ないコード量で様々な端末のwebアプリが生成可能です。

“データベースの技術をそれ以外のITの分野の色んな技術と結び合わせる事によって、その分野の技術を飛躍的に増大させようという考え方で、私達はこれでRMXと言うシステムを作っています。RMXと言うのは、データベースと皆さんの良く使われている電子メールですね、これを一つの技術にまとめ上げたものでして、メールが到着した時にそこに書かれているアドレスによってデータベースの検索が行われて、その検索結果をもとにそのeメールが配送される、そのようなシステムです。”

さまざまなルールをSQLで予め設定する事によって、一部のグループやグループを組み合わせた複雑な宛先を指定する事が可能になります。
そして、遠山研究室では長年の研究で培われたデータベース技術を応用する研究も進めています。それはweb indexと呼ばれる技術で、ブラウザに表示されているワードと任意のwebサイトのデータを結合させることにより、そのwebサイトの情報に簡単にアクセスすることができます。このように遠山研究室では常に独自性の高い研究を目指し今後も研究開発を行います。

“基本をなるべくシンプルなものを開発し、ただしそのシンプルなものを幾らでも自由に組み合わせができるように何か一つアプリケーションをつくってそこで終わりというのではなくて、技術の種をつくってそれが組み合わさって色んな事に応用できる、そのような事を、研究テーマを選ぶ時には基本方針として考えています。”

Some scientists share better than others
12:00 am October 23, 2014

Some scientists share better than others<br>Some scientists share better than others. While astronomers and geneticists embrace the concept, ecologists still have a way to go.

2MGO
7:55 am October 22, 2014

NMR solution structure of oxytocin

2MFT
7:55 am October 22, 2014

Solution NMR structure of the d(GGGTTTTGGGTGGGTTTTGGG) quadruplex in sodium conditions

ネジ山での強力な面着力がもたらす、緩み止め機構のナット
6:35 am October 22, 2014

ネジ山での強力な面着力がもたらす、緩み止め機構のナット

出石は、従来のナットにはない新発想の構造、面による締結を実現した「キングロックナット」を開発しました。

“面での締結というと全面締結という形で弊社では言っているんですけど、全面締結ですので均等に力がかかりますので応力が非常に少ない形を取れることができます。応力がかかることが少ないとボルトにストレスがかかるのが非常に少なくなりますので折れにくくなったりとか繰り返し使えるというのが大きなメリットのひとつとなります。”

この図のように、キングロックナットはネジ山の両面でナットに接触するため、面着力が増し、高い締結力を保持します。また、17分間の振動テストに対しても全く緩まず、その後の戻しトルクも測定し、結果検証しています。

“普通ナットですとだいたい戻しトルクが42ニュートンで締めたとしても30ニュートンくらいで戻すようになるんですけど、弊社のナットですと42ニュートンで締めましたら40から50の間くらいの戻しトルクで戻すような形になりますので、それくらい締め付けのトルクがしっかりかかっているというのがデータでもわかると思います。”

キングロックナットの緩み止め効果は、工作機械の主軸やボールねじ、自動扉、射出成形機のサポートベアリングなど、全ての緩んではいけない場所での使用に適しています。(17秒)

“将来的には展望としては緩み止めで困っているユーザーさんを弊社のキングロックナットを使っていただいてそういった問題を解決していただいてよりよい製品を送り出せていけたらなと考えております。”

This week’s new structures (Tuesday Oct 21, 2014 at 5 PM PDT)
12:02 am October 22, 2014

As of Tuesday Oct 21, 2014 at 5 PM PDT there are 104371 Structures.
New Structure ID List:
[2MFT, 2MGO, 2MMC, 2MPT, 2MRE, 2MTJ, 2MTK, 2RTZ, 2RU0, 2RU2, 3J7Z, 3J8B, 3J8C, 3WOU, 3WSJ, 3WSR, 3WWK, 3WWO, 3WWP, 3WXR, 4C9S, 4C9T, 4CMR, 4CYP, 4D07, 4D1Y, 4K6T, 4K6U, 4K6V, 4K6W, 4M8T, 4MAO, 4MNJ, 4MNK, 4MNL, 4MYP, 4N8C, 4N9U, 4NKV, 4NKW, 4NKX, 4NKY, 4NKZ, 4NLA, 4NWT, 4NWU, 4NXI, 4O13, 4O14, 4O15, 4O16, 4O17, 4O18, 4O19, 4O1A, 4O1B, 4O1C, 4O1D, 4O28, 4O7O, 4O7P, 4OQY, 4OQZ, 4OX0, 4OYS, 4P0I, 4P4S, 4P4T, 4P65, 4PFH, 4PGL, 4PJ0, 4PL7, 4PL8, 4PN8, 4PN9, 4PNA, 4PNB, 4PND, 4POW, 4POX, 4PP0, 4PTK, 4PUS, 4PVC, 4PVD, 4Q7I, 4Q9V, 4QA8, 4QAK, 4QBZ, 4QC0, 4QC2, 4QC6, 4QJ3, 4QJ4, 4QJ5, 4QKY, 4QNW, 4QPM, 4QXE, 4R0R, 4R14, 4R6I, 4R8K, 4R8L, 4RDQ, 4REU, 4REZ, 4RF0, 4RF1, 4RH0, 4RH1, 4RHP, 4RIT, 4RJI, 4RJJ, 4RJK, 4RJV, 4TPK, 4TPT, 4TPY, 4TSH, 4TVW, 4TVY, 4TZA, 4TZG, 4U3Q, 4U4G, 4U6I, 4U6U, 4U96, 4U9C, 4UAK, 4UAL, 4UJF, 4UJG, 4UJH, 4UJI, 4UJJ, 4UJK, 4UJL, 4UJM, 4UJN, 4UJO, 4UJP, 4UJQ, 4UJR, 4UJS, 4UJT, 4UJU, 4UJV, 4UJW, 4UJX, 4UJY, 4UJZ, 4UK0, 4UK1, 4UK2, 4UK3, 4UK4, 4UK5, 4UK6, 4UK7, 4UK8, 4UK9, 4UKA, 4UKB, 4UKC, 4UKE, 4UKF, 4UKG, 4UKH, 4UKI, 4UKJ, 4UKK, 4UKL, 4UKM, 4UKN, 4UKO, 4UKP, 4UKQ, 4UKR, 4UKS, 4UKT, 4UKU, 4UKV, 4UKW, 4UKX, 4UKY, 4UKZ, 4UL0, 4UL1, 4UL2, 4UL3, 4UL4, 4UL5, 4UL6, 4UL7, 4UL8, 4UL9, 4ULA, 4ULB, 4ULC, 4ULD, 4ULE, 4ULF, 4ULG, 4ULH, 4ULI, 4ULJ, 4ULK, 4ULM, 4ULN, 4ULO, 4ULP, 4ULQ, 4ULR, 4ULS, 4ULT, 4UMT, 4UMU, 4UOQ, 4UP6, 4UQW, 4UQX, 4UQY, 4UQZ, 4URK, 4UTT, 4UXV, 4UY3, 4V0F, 4W92, 4WAT, 4WF2, 4WFX, 4WFY, 4WFZ, 4WGV, 4WGW, 4WIE, 4WIH, 4WIU, 4WJI, 4WJM, 4WKJ, 4WKW, 4WO2]

Tarantula venom illuminates electrical activity in live cells
12:00 am October 22, 2014

Tarantula venom illuminates electrical activity in live cells<br>Researchers have created a cellular probe that combines a tarantula toxin with a fluorescent compound to help scientists observe electrical activity in neurons and other cells.

The disordered region of Arabidopsis VIP1 binds the Agrobacterium VirE2 protein outside its DNA-binding site
2:56 pm October 21, 2014

Agrobacterium is a pathogen that genetically transforms plants. The bacterial VirE2 protein envelopes the T-DNA of Agrobacterium and protects it from degradation. Within the transfected cells, VirE2 interacts with the plant VIP1 leading to nuclear transport of the T-DNA complex. Active VirE2 is an oligomer with a tendency to aggregate, hampering its studies at the molecular level. In addition, no structural or quantitative information is available regarding VIP1 or its interactions. The lack of information is mainly because both VIP1 and VirE2 are difficult to express and purify. Here, we present the development of efficient protocols that resulted in pure and stable His-tagged VIP1 and VirE2. Circular dichroism spectroscopy and computational predictions indicated that VIP1 is mostly intrinsically disordered. This may explain the variety of protein–protein interactions it participates in. Size exclusion chromatography revealed that VirE2 exists in a two-state equilibrium between a monomer and an oligomeric form. Using the purified proteins, we performed peptide array screening and revealed the binding sites on both proteins. VirE2 binds the disordered regions of VIP1, while the site in VirE2 that binds VIP1 is different from the VirE2 DNA-binding site. Peptides derived from these sites may be used as lead compounds that block Agrobacterium infection of plants.

BDB: Databank of PDB files with consistent B-factors
2:56 pm October 21, 2014

Protein structures available from the PDB contain for each atom the coordinates, the occupancy and the B-factor that indicates the mobility of the atom. The values that should represent B-factors can relate to atomic motions in different ways. We present here a databank in which all B-factors have been converted to the one, homogeneous representation that is most useful for protein engineering applications. The Databank of PDB files with consistent B-factors (BDB) is freely available through http://www.cmbi.umcn.nl/bdb/.

Nature versus design: the conformational propensities of D-amino acids and the importance of side chain chirality
2:56 pm October 21, 2014

d-amino acids are useful building blocks for de novo peptide design and they play a role in aging-related diseases associated with gradual protein racemization. For amino acids with achiral side chains, one should be able to presume that the conformational propensities of l- and d-amino acids are a reflection of one another due to the straightforward geometric inversion at the Cα atom. However, this presumption does not account for the directionality of the backbone dipole and the inverted propensities have never been definitively confirmed in this context. Furthermore, there is little known of how alternative side chain chirality affects the backbone conformations of isoleucine and threonine. Using a GGXGG host–guest pentapeptide system, we have completed exhaustive sampling of the conformational propensities of the d-amino acids, including d-allo-isoleucine and d-allo-threonine, using atomistic molecular dynamics simulations. Comparison of these simulations with the same systems hosting the cognate l-amino acids verifies that the intrinsic backbone conformational propensities of the d-amino acids are the inverse of their cognate l-enantiomers. Where amino acids have a chiral center in their side chain (Thr, Ile) the β-configuration affects the backbone sampling, which in turn can confer different biological properties.

Researchers discover new functionality of molecular light switches
12:00 am October 21, 2014

Researchers discover new functionality of molecular light switches
Diatoms play an important role in water quality and in the global climate. They generate about one fourth of the oxygen in the Earth’s atmosphere and perform around one-quarter of the global CO2 assimilation.

New insight that ‘mega’ cells control the growth of blood-producing cells
12:00 am October 20, 2014

New insight that ‘mega’ cells control the growth of blood-producing cells<br>While megakaryocytes are best known for producing platelets that heal wounds, these ‘mega’ cells found in bone marrow also play a critical role in regulating stem cells according to new research from the Stowers Institute for Medical Research.

A Simple Biocompatible Matrix for Cellular Support and Accelerated Healing
5:06 pm October 18, 2014
The other week @Cassox hinted at a little project i was goofing around with regarding wound goo…
It’s done! Here, have a link. PDF with protocol after the jump.

Have fun, test it out, don’t do anything unwise.


http://scienceforthemasses.org/2014/10/18/a-simple-biocompatible-matrix-for-cellular-support-and-accelerated-healing/

Considering doing the magnet thing eventually; let me know what details I’m missing?
1:20 am October 17, 2014

And I wanted to make sure what I’m planning doesn’t include any catastrophic mistakes. So I’m writing out a step-by-step list of what I’m considering doing, so that people who have done this can call me out on what I got wrong. This will contain nothing novel or interesting, as most of the information comes from somewhere on this site. Might be helpful for people in The Future, though.

—Soak the (Dangerous Things m31) magnet in the supplied solution.
—For that matter, soak everything in that or isopropyl alcohol; I should probably make some token concession toward not getting infected.
—Soak my (rubber-gloved) finger in ice for ~20 minutes
—Cut off the glove’s finger with surgical scissors
—Swab the area with the antiseptic from DT’s Pain Management Kit.
—Inject lidocaine. (Where? How precisely? The videos just look like “somewhere in the middle of the finger” but chances are they knew something I don’t.)
—Apply an improvised tourniquet. Try to push blood back below it to the extent possible.
—Cut. Curved #15 scalpel blade, small cuts getting extended rather than one fell swoop. Parallel to the direction of the finger, adjacent to the center of the fingerprint, at what would be about a 45-degree angle if the back of my hand were flat down. 
It’d be the fourth finger on my left hand; does it matter whether it’s on the side next to the middle finger or the one away from it?
—While underneath the skin, push up to loosen up a space for the magnet. One video used the surgical scissors, another used the scalpel; in the absence of (really, any) information I prefer the first one.
—Insert the magnet with plastic tweezers. It goes in on the side of the incision that’s toward the front of the finger.
—Antiseptic on the finger.
—Close the incision with steri-strips. This sounds much easier than trying a suture.
—After 3-5 days, surgical glue.
Ideally, this list is complete and more precise than it needs to be. I very much doubt that’s the case.
How mitochondria began
12:00 am October 17, 2014

How mitochondria began<br>Parasitic bacteria were the first cousins of the mitochondria that power cells in animals and plants – and first acted as energy parasites in those cells before becoming beneficial, according to a new University of Virginia study.

2M6T
6:13 pm October 15, 2014

NMR solution structure ensemble of 3-4D mutant domain 11 IGF2R

2M68
6:13 pm October 15, 2014

NMR solution structure ensemble of 3-4D mutant domain 11 IGF2R in complex with IGF2 (domain 11 structure only)

несанкционированный доступ к базе данных. (Заново за 30 секунд ...) OAUTH_E354